妊娠するための危険日と回数の関係

妊娠するための危険日と回数の関係

妊娠するためには性交渉をしないと子供は生まれないわけですが、危険日(妊娠しやすい日)に回数はどのくらい必要なのかと誰もが考えます。仮に、危険日に一回の性交渉と3回の性交渉でどちらが妊娠する確率が高いのかというと、それは当然3回ですよね。妊娠する確率を上げるためにも回数を増やしたほうが良いに決まっています。

 

 

ただし、回数に関わらずタイミング法ではこの危険日(妊娠しやすい日)に合わせて性交渉を行なうと妊娠確率は20%〜30%と言われています。しかしながら、男性女性それぞれの体質や体調も関係していますので一概にでる数値ではありません。あくまでも危険日に合わせて行なった場合の平均的な数値になるということを理解しておきましょう。もし危険日に一度しかしないとなるとこれは運が明暗を分けるとしか言えません。

 

 

昔、テレビを見ていた時に驚いたことがあるんですが、結婚して10年で性交渉を1度しか行なっていないのに子供がいるという方はいたのですが、それって凄いですよね。運がよいと言いますか、10年で1度というのも驚きなんですが・・・そんな夫婦もいるわけです。妊娠するための危険日や回数など気になる方もいると思います。主治医と相談して計画的に実践していきましょう

 

 

あと、聞いた話ですが回数は一日おきに性行為をすると良いと聞いたことがあります。理由は期間が短いと精液が薄くなるらしいのと、精子が卵子の受け入れ体制が万全になるとか。一晩はに何回も行なうのはあまりおすすめしません。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

避妊の原因と対策について
夫婦生活を営み始めてから2年以上妊娠をしい場合には、避妊の可能性が高いと 思ったほうがよいでしょう。