高齢出産のリスクについて

高齢出産のリスクについて

高齢出産は確かにリスクを伴います。
しかし最近では医療技術の発達によって高齢出産の危険があまり強調されなくなりました。

 

 

高齢出産というのは、年齢によって出産の危険度を高める多くの要因の1つに過ぎないと
いうことです。もちろん、お産というのは個人差がありますので、高齢出産だからといって
一概に危険というわけではありません。

 

 

分娩時間が長くなったりする傾向が確かあるのですが、
赤ちゃんに障害が残るといったことは稀です。ゼロではないですが・・・

 

 

そして今現在では妊娠中から医学的な管理をされ、施設も整っている場所でのお産は
赤ちゃんや母体に危険が迫った場合は、それなりの処置をとってくれます。

 

 

なので、生まれた後に影響が残るといったことは非常に稀です。
ただし高齢出産はやはり今も昔も変わらずある程度の危険が伴います。
失敗のないよう先生としっかり相談して下さい。

 

 

過去の事例として、難産で出産したにもかかわらずまったく後遺症がない方もいます。
また、傷害が残らなかったといっても高齢出産がまったく安全ともいえません・・・・

 

高齢出産は、医療技術の発展はあるものの、今も昔も変わらずリスクはあると認識
する必要があります。ただそんなに恐れることはないと思います。

 

 

スポンサーリンク